お知らせ

いつもアクセスありがとうございます。

9月より新規アドレスへ移転いたしますので、ブックマークの変更等、お手数おかけしますが新規サイトへ変更の程、お願いいたします。(自動転送できませんので、下記リンクをクリックしてください。当HPは10月中に閉鎖を予定しております。)

新規URL:http://ladies.jp/kps/

研究集会

タイトル

「ストレス解消のテクニック」 ~お笑いの効用~ 

講師:

 若井ぼん氏(元漫才師、レゲエ歌手)

日時:10月19日(第三土曜日) 午後13:30~17:00(開場・受付13:00)

場所: 阿倍野市民学習センター 第一研修室

   大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-13 あべのベルタ3階   

会費:会員及び同伴の家族¥2,000

   非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000

講演後講師の先生を囲んで2次会を予定。(あべのベルタB1F「わのわ」/料金¥3000予定)


講演内容:

「若井ぼん・はやと」のコンビで一世を風靡した漫才師、若井ぼん師匠は大阪市南区の出身。漫才作家の足立克己の紹介で「松竹(しょうちく)芸能」入り、1962年、若井はんじ・けんじの門下になり新世界の新花月(しんかげつ)にてデビュー、上方(かみがた)漫才大賞を受賞(1968年第3回新人賞、1977年第12回奨励賞)した。主に角座(かどざ)の舞台で活躍し、「しっつれいしました」などのギャグや、出っ歯を売りにしたハーモニカの芸で人気を博すも1984年、角座閉鎖により活動の場が失われ、翌年にコンビを解散した。その後、知名度もなく苦労した東京時代、気晴らしに出かけたジャマイカで披露した河内音頭(かわちおんど)が大うけ、レゲエ歌手「ジェームス・ボン(James Bong)」誕生への道を開いた。

むかしから「お笑い」は健康づくりに役立つといわれています。笑って、あるいは笑わされて息を吐き出すと、胸も頭も空っぽになるからでしょうか。頭の中のもやもやも、そして胸にたまった人間関係の「ストレス」も、吐息とともに吹き飛んでしまうようですね。笑うことで日頃の緊張感が緩み、思わず筋肉が痙攣を起こしますと、全身の細胞が震えて、あちこちの組織が浄化されるのかもしれません。神社で行われる「お祓い」も、きっと同じようなはたらきをもつのでしょう。語呂合わせですが、「お祓い」は「お笑い」に通じますものね。

最近、病気の原因としてたびたび「ストレス」が取り上げられることがありますが、逆説的にいえば、「ストレス」をうまく取り去れば病気に罹りにくい、ということでしょう。であれば、健康を保つためには、大いに笑ってストレスを解消することが奨励されるわけです。

「ストレス解消のテクニック」とタイトルはかたいですが、元漫才師は喋りが身上、脱線したら、思い切り笑ってください。すでに時効になったと思いますが、お笑い芸人たちの裏話が出ても、この場に免じてご容赦くださいますよう。

「笑う門には福来る」―。


参加のお申込みは下記サイトのフォームよりお願いします。

新規URL:http://ladies.jp/kps/



今後の予定

11/16 小出英詞氏 (住吉大社 権禰宜)講演 (スタジオ)

  「海神と住吉大社」(仮題)

いずれも、阿倍野市民学習センター 午後13:15~17:00

MAP

-集会場所

阿倍野市民学習センター(あべのベルタ3階)

 〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-1

06-6634-7951


地下鉄谷町線 阿倍野駅

 南改札を出て7番出口からあべのベルタ直結、そのまま3Fへ

LINK

日本サイ科学会公式サイト


関西日本サイ科学会のホームページ並びに当会より発信している諸メールにつきましては利用者が安心してお使いいだけるよう、情報処理安全確保支援士の資格保持者が厳重に管理・運営いたしております。