日本サイ科学会

記事一覧(21)

第431回関西日本サイ科学会研究集会案内

タイトル 「集中力」と「感性」が未来を開く! ~R/C/T 残像メンタルトレーニング とは~講師 高岸弘氏日時:9月15日(第三土曜日) 午後13:15~17:00(開場・受付13:00)場所: 阿倍野市民学習センター 第二研修室   大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-13 あべのベルタ3階   会費:会員及び同伴の家族¥2,000   非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000講演後講師の先生を囲んで2次会を予定。(あべのベルタB1F「わのわ」/料金¥3000予定)「残像メンタルトレーニング」は、誰でも太陽など強い光を見る事で体験する「残像」という現象(脳のはたらき)を使い、各自の願いを短時間に失敗することなく達成させるというものです。まず今自分は何をするのか?と言う「目的」をハッキリとさせた上で「リラックス」をテーマに制作された図柄から現れる残像をゆったりと眺めます。残像を眺めることで、マイナス要因となっている雑念や緊張などを忘れさせ”ゼロの状態”にセットします。その次に「集中」をテーマに制作された図柄から出る残像を強く見つめることで、すでに「リラックス」 している脳のエネルギーを一点に集め切る。いわゆる無心の状態になりさらに、いろいろな「目的」別にデザインされた図柄で「目的」を再確認しながら、それを達成するための状況判断を明確にして思考を巡らし行動を起こして行くというものです。そうすることで、ここ一番! という時に「技術力」「体力」を最高の状態にもって行くことができ、単純な失敗や間違いなどもなくなります。「残像」という誰にでも起こる現象を用いたこれら一連の脳の働きにより、集中力を高め、また困難な気持ちを切り替えて成功へといとも簡単に誘導して行く・・・それが「残像メンタルトレーニング」の効用といえるでしょう。 仕事、スポーツ・・すべての基本となる集中力、集中持続力を高め、さらに「感性」を磨いて「創造力」を豊かにする残像メンタルトレーニング。その効果、脳と感覚器官の活用法についてお話しいただきます。

第428回関西日本サイ科学会研究集会案内

タイトル 「音楽を楽しむとは」 ~音響工学者として、そして演奏家として~講師 木村陽一氏(元松下電器産業㈱音響研究所エンジニア) 日時:6月16日(第三土曜日) 午後13:15~17:00(開場・受付13:00)場所: 阿倍野市民学習センター/スタジオ【開催場所変更注意】   大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-13 あべのベルタ3階   会費:会員及び同伴の家族¥2,000   非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000講演後講師の先生を囲んで2次会を予定。プロフィール:  早稲田大学理工学部電気通信学科音響研究室卒業。在学時、早大ニューオリンズジャズクラブを創設。アメリカパデュー大学大学院へ留学、電気工学修士(心理音響専攻)。パデュー大在学時はパデュー・サルティードッグ・ジャズバンドに所属(ドラムスを担当)した。松下電器産業㈱(現パナソニック)音響研究所に勤務。在勤中はSST(ニューヨーク近代美術館永久保存)など先進的なスピーカーの数々を世に送り出して話題に。前FM COCOLO放送常務取締役。現在、公益財団法人 黒川古文化研究所理事長。ニューオリンズラスカルズ(ディキシーランドジャズ)/ ヨー・キムラ・トリオではドラムス&ボーカルを担当。米ニューオリンズ市名誉市民。概要:       音楽の好み、楽しみ方は人それぞれですが、ここでは、私が62年間演奏してきたジャズのルーツ(ニューオリンズジャズ)とオーディオエンジニアとしての経験から得た「私の音楽とオーディオ論」のようなものをお話ししたいと思います。わたしの父、木村六郎と妹ののり子は関西日本サイ科学会と深いつながりがありましたが、わたしは直接的なかかわりはありません。今回の研究集会で、音響工学者、あるいは音楽演奏者としてのどちらか一方のみでは会得できなかった何かが見出されたとすれば、この辺にサイ科学とのつながりがあるのではないかとお察しいただけたら大変ありがたいと思っています。一人の人間の、ちょっと他人とは違った生きざまの事例として、お気軽にお聴きいただければ幸いです。※第422回研究集会より、15分間の会員発表(第1回)の時間を設けることになり開始時刻が変わりました。今回は第6回で会員の高峯秀樹氏「手相と意識」(13時15分~13時30分の15分間)です今後の予定・6月16日(第三土)徳永康夫氏「霊活のすすめ」・7月21日(第三土)坂井洋一氏「ワクワク古代史セミナー」5月(今月)から会場が阿倍野市民学習センターに変更されます

第427回関西日本サイ科学会研究集会案内

タイトル 「霊的エネルギーを感じてみよう」講師 河原優子 非営利型 一般社団法人 日本ヒーリング・サイエンス協会 代表理事 藤野浩司 非営利型 一般社団法人 日本ヒーリング・サイエンス協会 理事日時:4月21日(第三土曜日) 午後13:15~17:00(開場・受付13:00)場所:大阪科学技術センター 605号室【次回より開催場所変更となります】   大阪市西区うつぼ本町1-8-4   Tel:06-6443-5324(地下鉄四つ橋線本町下車北へ徒歩5分靭公園内)   会費:会員及び同伴の家族¥2,000      非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000講演後講師の先生を囲んで懇親会を予定。懇親会会費3,500円終了19時頃、場所:山海倶楽部(TEL:06-6443-0209)参加歓迎。会場で事前受付の上、先着12名。スピリチュアル、ヒーリングは科学であり、測定可能であり再現性がある事に重点をおいています。 まず最初に「霊的エネルギー」を感じることが大事です。じつは、多少のコツであっけないほど簡単に感じることができます。約80%の人が、最初の10分で「これのこと!」とおっしゃいます。今回は「霊的エネルギーを感じること」「効果的なパワーUP法」を学んで欲しいと思います。スピリチュアルで重要なのは知識・技術でなく、知覚(感覚)です。そして新しい知覚に目覚めるという事は、本人にとって世界が変わる事を意味します。目の見えない人が、色彩や光に気づくのと同じです。それまで認識できなかった事ができるようになれば、世界観や人生観が激変します。 その知覚は誰もが備わっていますが、気付いていないだけです。 そして実は、ほんの少しのコツで簡単に感じることができるものなのです。 講師のプロフィール 河原 優子氏日本ヒーリング・サイエンス協会 代表理事。1992年 藤野氏と出会い、その考えに影響を受け、ヒーリング・タロットの習得に本格的に取り組む。2010年 ハートエナジーを設立し、ヒーリング講座・タロット講座を開講する。2014年 非営利型一般社団法人日本ヒーリング・サイエンス協会を設立し、協会独自のノウハウを広めるために精力的に活動している。2018年「日本でいちばん簡単なタロット占い」を出版する。(当日販売) 藤野 浩司氏日本ヒーリング・サイエンス協会 理事。1990年頃「霊的なエネルギー」の存在に気がつき、同時にタロットの有効性にも着目するようになる。以降、気功・ヨガ等、スピリチュアル関連の知識を深めていくうちに「既存のやり方は間違ってはいないが、どこかピントがずれているのでは?」と考え、新しい手法を探究するようになる。現在、ヒーリングとタロットにおいて「簡単に感じて、使いこなせることができる」に重点をおいた独自のノウハウを考案し、その普及に力を注いでいる。※第422回研究集会より、15分間の会員発表の時間を設けることになり開始時刻が変わりました。(13時15分~1時30分の15分間)会員発表(15分)・宮本和典氏「私のサイ科学的体験」2017年10月の研究集会より、会員による研究発表の時間を設けています。会員発表を希望される方は、こちらをご覧ください。今後の予定・5月19日(第三土曜) 木村陽一氏 「音楽を楽しむとは」 ~音響工学者として、そして演奏家として~ 【開催場所:阿倍野市民学習センター スタジオ】・6月16日(第三土曜) 徳永康夫氏 「霊活のすすめ」 【開催場所:阿倍野市民学習センター 第一研修室】当会では会場運営をお手伝い頂けるボランティアの方々を募集しております。ご興味ある方は、下記までメールでご連絡ください。問い合わせ先: 関西日本サイ科学会事務局 e-mail:kansai.psij@gmail.com

第426回関西日本サイ科学会研究集会案内

タイトル 「陰陽の法則で読み解く2018年以降の日本と世界」講師  水口清一氏日時:3月17日(第三土曜日) 午後13:15~17:00(開場・受付13:00)場所:大阪科学技術センター 605号室   大阪市西区うつぼ本町1-8-4   Tel:06-6443-5324(地下鉄四つ橋線本町下車北へ徒歩5分靭公園内)   会費:会員及び同伴の家族¥2,000      非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000講演後講師の先生を囲んで懇親会を予定。懇親会会費3,500円終了19時頃、場所:山海倶楽部(TEL:06-6443-0209)参加歓迎。会場で事前受付の上、先着12名。 来年は平成天皇の譲位により御世替わりとなり、元号も変ります。超高齢社会、人口減少社会が現実となり、インターネットや携帯電話の普及で、社会は根底から変化しています。この変化は世界的なもので、もちろんわたしたちの生活にも影響します。しかし、この変化は予測可能で、東洋思想で読み解くことができます。これからの日本、世界はどう変わるのか。これまで数々の予測を的中させてきた水口清一氏は、1980年代、「潜在意識の大活用」(日新報道刊)をヒットさせました。現在、そしてこれからの時代を読み解くキーワードについて、じっくりお話しを聴きましょう。 水口清一氏 プロフィール1960年代より人間の無限の可能性を引き出すため、右脳開発や速読などの加速学習法、夢の実現法、超能力やシンクロを起こす方法などの潜在能力開発、未来予知法、「意識場」による次世代の会社経営・管理法など、先駆的なセミナーやプログラムを開発してきた。大学時代は探検部に所属、全国の山々を探索。熊野で言霊と禅の行を修め、東洋の神秘に触れる。東洋思想にもとづく独自の視点による未来予知には定評があり、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオなどマスコミでも取り上げられた。「夢のプラットホーム」を主宰。ロストテクノロジー研究所・所長。潜在能力の開発催眠法、イメージコントロール、超意識、言霊、数霊、場のマネジメント、創造性開発、瞑想、東洋思想、コミュニティづくり、未来予知、夢の実現法などを専門分野として先駆的なプログラムを開発。セミナーや企業研修など幅広く活動している。著書に「潜在意識の大活用」「バーチャル社会と意識進化」 「未来予知能力の開発」 「人はみんな魔法使い」「人生は魔法の世界だ」「90日で願いが叶う魔法の本」「これから日本の時代になる理由(わけ)」 など多数。※第422回研究集会より、15分間の会員発表の時間を設けることになり開始時刻が変わりました。(13時15分~1時30分の15分間)会員発表(15分)・中之庄正輔氏「弧理論(Ark Theory)研究の動機と方向性-自然科学は間違っている-」今後の予定・4月21日(第三土) 河原優子 非営利型 一般社団法人 日本ヒーリング・サイエンス協会 代表理事 藤野浩司 非営利型 一般社団法人 日本ヒーリング・サイエンス協会 理事 「霊的エネルギーを感じてみよう」【開催場所:大阪科学技術センター】・5月19日(第三土) 木村陽一氏 「音楽を楽しむとは」 ~音響工学者として、そして演奏家として~ 【開催場所:阿倍野学習センター】当会では会場運営をお手伝い頂けるボランティアの方々を募集しております。ご興味ある方は、下記までメールでご連絡ください。問い合わせ先: 関西日本サイ科学会事務局 e-mail:kansai.psij@gmail.com