NEWS

いつもアクセスありがとうございます。

9月より新規アドレスへ移転いたしますので、ブックマークの変更等、お手数おかけしますが新規サイトへ変更の程、お願いいたします。(自動転送できませんので、下記リンクをクリックしてください。当HPは10月中に閉鎖を予定しております。)

新規URL:http://ladies.jp/kps/

会員、非会員、常連、非常連を問わず参加できる夏季恒例の放談会です。

ことしもごいっしょに、不思議な世界を語りましょう。


申込み多数につき締め切りました。ありがとうございました。



超常現象を追求するサイ科学会恒例の放談会。どなたでも参加OKです。

活動状況などご紹介ください。

8月17日(土)14:00-

参加費:3500円
会場:まつむし音楽堂

阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、地下鉄「阿倍野」駅から徒歩10分


●ゲスト講演:片山公壽氏(日本最終神祇師)

「日本人の起源について」 ~神道と皇統の道筋など~」

荒行をへて古代からの記録や貴重な経典の数々や口伝を暗記、暗誦する神祇師は明治期まで全国に一定数が存在したという。再生に26年を要するという記憶を保持する片山公壽氏は日本最終となる。歴史の「生き字引」ともいえる氏は、皇統を織りなす神道の流れには倭姫命(やまとひめのみこと)による伊勢古流と度会(わたらい)家(渡来系)による伊勢神道の二つの流れがあるという。出雲一族も、悠久の昔、日本海が湖であったころに渡来したらしい。真偽はともかく、東北地方には「キリスト」や「モーゼ」の墓伝説もあり、したがって「日人」というのは混成民族とみるべきであろう。もちろん、コロボフィクス(コロポックル=後にアイヌと混同された)といわれる原住民がいて、現在の和歌山や奈良のあたりにその痕跡を見出せるというが―。

●参加費:3500 円(会員・非会員とも、飲食代を含みます。シャンソンのひとときもお楽しみください。差し入れ大歓迎!)

●申し込みはEメールで、moushikomi_psij@yahoo.co.jp


申込み多数につき締め切りました。ありがとうございました。

関西 日本サイ科学会では、当会関連のイベントをメールでもお知らせしております。


ご希望の方は、「メール配信希望」と書いて、kansai.psij@gmail.com までメール送信してください。


また、配信停止希望の場合は空メールを送信してください。


4月13日(土)14:00~

参加費 5000円(飲食費込み)


第一部 ブルーグラス(カントリー&ウェスタン)演奏会
 出演:BACKWOODS MOUNTAINEERS

第二部 懇親会
 サイ科学のこと、未来のこと、超能力のこと・・・大いに語り会いましょう。


場所:まつむし音楽堂
(URL:http://www.ladies.jp/matsumushi/


要予約 お申込みは下記まで

メール:kansai.psij@gmail.com



●関西日本サイ科学会は、ズバリ「超能力」や「超常現象」を探求する会です。日本サイ科学会(1982年改称)の前身、日本PS学会(故関英男会長、故木村六郎副会長)は1976年に設立されました。関西では、科学技術センター(大阪西区)で毎月研究集会を開催してきました。現在、東京に本部をおく日本サイ科学会(波平博人会長、久保田昌治理事長)を軸に、関西、東北、中部、北陸、九州など全国的な組織で活動しています。日本サイ科学会会員には、研究集会参加費などの割引特典があり、論文集「サイ科学」への研究発表、「サイの広場」、「サイジャーナル」などへの投稿が認められるほか、希望者には関西日本サイ科学会研究集会に先立つ会員発表(5分)の場が設けられます。


       ◆

 関西日本サイ科学会の月例研究集会はすでに434回を超えました。超能力ブームに沸いた1970年代にスタートして、約40年の歳月を経たことになります。時代はすっかり変化しましたが、サイ科学という学際的な領域で今日まで続けてこられたのは、先人たちの思いや努力もさることながら、時代のニーズに応えてきたという側面もあるでしょう。デジタル化、気象異変、少子高齢化、人口減、家族形態の変化といった今日の状況にあって、わたしたちはどのように生き、暮らしを守ればよいのか一。現在の科学では説明を尽くせない不思議な現象を探求、解明し、そこから得られる果実を求めていくのが、当会の役割ではないでしょうか。これからも、皆様方のご支援を、よろしくお願い申し上げます。


サイ科学とは

PSI(サイ)は「際」(きわ)

 明確に分類できないがさまざまな学問と関連する、いわゆる学際的な領域における不可解な事象、真贋を判別しがたい超自然的で未知の現象についてアプローチ、筋道をたてて本質を探ろうというのがサイ科学会の姿勢ですO有用な情報に耳を傾け、多方面の専門的分野から検討し、仮説を立ててわかりやすく説明することを心掛けています。仕事や生活、生命活動の向上に役立つ情報を共有し、交流することを大切にするのも本会の特徴といえるでしょう。



(終了しました)

ご参加の皆様ありがとうございました!



超常現象を追求するサイ科学会恒例の放談会。どなたでも参加OKです。

12月1日(土) 16:00-20:00

参加費 ¥3000- (飲食費込み、差し入れ歓迎!)

会場:まつむし音楽堂1階多目的ホール(URL:http://www.ladies.jp/matsumushi/)

阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、地下鉄「阿倍野」駅から徒歩10分

事前予約が必要です。

席数に限りがありますので、参加ご希望の方は11/25までにkansai.psij@gmail.com までメールでお申込みください。

Googleカレンダーに関西 日本サイ科学会の予定を入力するようにいたしました。

皆様ご使用のGoogleカレンダーを開いていただき、下記の場所をクリックしたあと、当会のメールアドレス「kansai.psij@gmail.com」を入力してみてください。これから始まる分科会等、細かな開催日程も参照可能となります。

 終了しました。ありがとうございます。


超常現象を追求するサイ科学会恒例の放談会。どなたでも参加OKです。

活動状況などご紹介ください。隠し芸、書籍や物品の放出もあります。


8月18日(土)16:00-19:00


参加費¥3000- (飲食費を含みます)


会場:まつむし音楽堂1階

阪堺電車「松虫駅」下車すぐ、地下鉄「阿倍野」駅から徒歩10分



事前予約が必要です。

参加ご希望の方は、8/10までにkansai.psij@gmail.com までメールでお申込みください。









2017年10月の研究集会より、会員による研究発表の時間を設けます。
会員発表を希望される方は、 会長(または事務局)の方へ、ご応募ください。

           ☆ ☆ ☆

応募資格:
 原則、会員であること。 事前の書類審査があります。  

発表テーマ:
 サイ科学会の探求分野に遠からず沿ったものであること。 体験談のようなものでも結構です。特定の団体や商品のPRになる可能性あるものでも【OK】です。

 発表時間:15分 

  プロジェクター、パソコンの使用が可能です。


 一般的な学会発表と同様に事務登録料(¥2000)が別途必要となります。


問い合わせ先:

 関西日本サイ科学会事務局
 e-mail:kansai.psij@gmail.com