第430回関西日本サイ科学会研究集会案内

タイトル

 「ワクワク古代史セミナー」

統一日本誕生前夜、古墳時代の真実に迫る! 教科書から消えつつある聖徳太子の意外な素顔とは?


講師

 坂井洋一氏

日時:7月21日(第三土曜日) 午後13:15~17:00(開場・受付13:00)

場所: 阿倍野市民学習センター

   大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-13 あべのベルタ3階   

会費:会員及び同伴の家族¥2,000

   非会員¥3,000(初回参加者¥2,000)、学生¥1,000

講演後講師の先生を囲んで2次会を予定。(あべのベルタB1F「わのわ」/料金¥3000予定)


統一日本誕生前夜、古墳時代の真実に迫る! 教科書から消えつつある聖徳太子の意外な素顔とは?

701年。大宝律令とともに誕生した統一日本。

そこに至る激動の7世紀は、ある種、今でもアンタッチャブルだ。映画にもならないし、大河ドラマのテーマにもならない。一体日本列島で何が起きていたのか?真実のカギを握るのが、倭国の大豪族、蘇我氏。そして蘇我氏と手を組んだ「聖徳太子」。

大河ドラマが決して手をつけられない「歴史の闇」にいまこそ、一筋の光を 投げかける時が来た!



坂井洋一氏 プロフィール

昭和28年茨城県日立市生まれ。

慶応大学経済学部卒業後、松竹やギャガなど大手映画会社で勤務。映画製作や買い付けで活躍するかたわら、作詞作曲家としても、日本を代表するヒットメーカー小田裕一郎氏に師事し、数多くの歌手に作品を提供。近年は日本の隠された古代史に興味をもち、歴史言語学の観点から日本の始まりは世界最古のシュメール文明に遡ると提唱している。また、日本古来の和歌や祝詞にメロディをつけ、コトダマミュージックという日本発の音楽ジャンルとして世界発信を目指している。著書に「日本の始まりはシュメール」定価(1815円+税)、「坂井洋一のワクワク超古代史セミナー」(1815円+税)いずれもヒカルランドがある。


会員発表(15分)

・新本ひとし氏「関英男監修・わが深宇宙探訪記」の読後感

2017年10月の研究集会より、会員による研究発表の時間を設けています。

発表ご希望の方は事務局までお問い合わせください。

今後の予定

・8月はお休みです。(夏季放談会を開催予定)

・9月15日 高岸弘氏「残像メンタルトレーニング」

・10月20日 高峯秀樹氏「手相と意識」

・11月17日 橋本和哉氏

◆交通:
①JR・地下鉄「天王寺」駅、近鉄「あべの橋」駅より徒歩8分。

②地下鉄谷町線「阿倍野」駅7番出口方面より、あべのベルタ地下2階通路を通ってエスカレーターかエレベーターで3階  

地下鉄谷町線は大阪の東梅田駅から乗車して下さい