11月13日(火)分科会開催

●関西日本サイ科学会 分科会「PSI実験室」スタート

さる10月9日、「PSI実験室」として分科会がスタートしました。従来の科学的手法を踏襲しつつも、その枠組、範疇で分類、分析、測定できない現象について知見を深め、サイ科学的方法論を見出すべく活動するのが目的です。ホストは本会副会長、川村隆夫がつとめます。夏の放談会と同じく、会場は、まつむし音楽堂となります。ご参加をお待ちしています。


こんごの予定

●11月13日(火)19:00-21:00 @まつむし音楽堂1F多目的ホール

参加費1000円テーマ:「情報」の価値について

レポーター・砂川篤氏

ホスト・川村隆夫 副会長

現代は、新聞やラジオ、テレビなどマスコミだけでなく、インターネット、SNSなどさまざまな情報が飛び交っています。情報の価値や受け入れ方には、個人差がありますが、サイ科学の見地からは「予知」も重視されます。裏情報の扱い方、情報によるマインドコントロール、情報の真贋判別、情報の利用法(役立て方)などについて、意見を交換しましょう。


●「手相術」講座(全6回)

第1回 11月19日(月) 18:30-20:30  @まつむし音楽堂1F多目的ホール

講師・高峯秀樹 先生(日本意相研究会代表、俳句結社「赤蜻蛉」主宰)

参加費・1500円(各回)

 手相がわかれば未来がわかる。左右の手と脳のつながりを理解すれば、運命も好転、健康運も上々、といいことづけめ。人生100歳時代に向けて、ごいっしょに手相を学びましょう。


●1月12日(土) 14:00-16:00  @まつむし音楽堂1F多目的ホール

テーマ:「医療とは―」

レポーター:牧野由季氏(鍼灸師)

医療の問題は経済とつながっていますが、患者が必要とする医療、その効果と比例するわけではありません。東洋医学においても、「経絡図」に沿った治療が最良とはいえない場合もあるかもしれません。現場の声に耳を傾けながら、健康とは何かをかんがえましょう。

関西日本サイ科学会